PROFILE

SHIVA

1996年にDJをスタート

その後、HIPHOP、REGGAEを中心に様々な現場でPLAY

2005年過ぎからペースは徐々に減り、DJのモチベーションが下がり始めていた2009年、ディジュリドゥと出会う。

演奏の楽しさと自身でも制作する自作楽器の楽しさを覚えて、どっぷりディジュリドゥのシーンへ。

同時に滋賀のメンバーと民族楽器の集まり&イベント【琵琶湖セッション】をスタート。

イベント活動は多岐に渡り、野外、クラブ、カフェなど場所、ジャンルにとらわれない様々なイベントをオーガナイズ。

2018年からは地域町おこしイベント【びわ湖手作り市】もスタート。

主催【琵琶湖セッション】【びわ湖手作り市】【びわ湖音楽祭】【高架下大忘年祭】・共催、協力イベント【山水人】【水と木の祭り】【Harves-Ta HASHIRI】【HINO BIG TIME GROOVE】【ギブミーベジタブル】【JA草津市農業まつり】

ディジュリドゥソロではSHIVA名義で様々なイベントでセッションを繰り広げる他、バンドも【Psy Borg、電波インディアン、シュレッカーズ、ちなんちぢょ】で活動!

2011、2013には【関西ディジュリドゥフェスタ】を虹の仏オーナーリョウヤ氏の元、共催。

2011年~2015年まで【DIDJERIDU THE DOJO】主催。

2016年【俺のディジュリドゥ】、2018年【関西ディジュリドゥミーティング】を主催。

他もディジュリドゥアーティスト、バンドが関西に来る度、イベントを主催している。

制作ディジュリドゥは国内はもちろん、海外でも流通している。

2018年にはSMILY Didgeridooとのコラボdidgeridoo、マルチドローンdidgeridooを発売!


-Shiva Didgeridooに対する想い-

ディジュリドゥを作り始めて、2019年で9年目になりました。

右も左も分からずもくもくとディジュリドゥ制作をしていた当時と比べると、ディジュリドゥ好きの方との繋がりもたくさん増え、その一人一人からディジュリドゥに対する想い、演奏、たくさんの事を学び、今は制作、演奏、イベントなどなど、全てに充実したディジュリドゥライフを送っています。

上記に記してあるように、FRPディジュリドゥの特性を生かしたディジュリドゥ制作はもちろん、様々な演奏に対応出来るディジュリドゥ、様々な場所で使えるディジュリドゥを作っていこうと試行錯誤しております。

Shiva Didgeridooでは、人との出会いを大切にしておりますので、その方の今後の生活のお供になる最高の一本を作って行く為、ミーティングを重ね作っていきたいと思っております。

※もちろん販売店さんにもありますので、そちらでは完成されたものを是非お試し下さいませ。

ブログでも色々更新しておりますので、そちらでもチェックして下さい♪

-FRPとは?-

Fiber Reinforced Plastics の略で、

Fiber=繊維

Reinforced=強化された、

Plastics=プラスチック

のことです。

繊維と樹脂を用いてプラスチックを補強することによって、強度を著しく向上し、宇宙・航空産業をはじめバイク、自動車、鉄道、建設産業、医療分野等さまざまな分野で用いられています。

FRPの特性

・耐候性、耐熱性、耐薬品性にすぐれている。

・電気絶縁性があり電波透過性に優れている。

・断熱性に優れている。

・さまざまな形状の製作に対応でき、着色が自由である。

・軽量かつ強度的に大変優れている。


-ディジュリドゥって?-

オーストラリアの先住民アボリジニの世界最古の木管楽器です。

木管楽器だけに木で作られていて、コアラで馴染みのあるユーカリの木の中をシロアリが食べて出来た空洞を利用して音を出します。

特殊な儀礼に使われる特殊なディジュリドゥもある。

ただし木肌のディジュリドゥは色んなモノもあって、今まで出会ったものだけでも、竹、チーク、檜、樫とそれ以外でもさまざまな木で作られています。

ちなみに木以外でもプラスチック、陶器、塩ビ管、ヘンプ(麻)などなどさまざまな材料で作られています。

初めて聴く人は、その重低音と迫力に驚かれる方も多いです。


-他のディジュリドゥと違うところは?-

木肌のディジュリドゥの重さと比べると、かなりの軽さで女性や子供でも持ち運びやすいです。

その為、軽量ゆえの動きのあるパフォーマンスにも適しています。

クラック(ヒビ割れ)しにくい。特に演奏中のクラックはまずないです。

演奏パフォーマンスに優れていて、さまざまな吹き方に対応しています。

限りなく木肌に近いタイプのディジュリドゥ製作も可能。

造形していく物なので、時間をかければ、さまざまな形でディジュリドゥを作り上げる事も可能です。

初めての方でも木製に比べ簡単に音が出て、演奏し易いディジュリドゥです。

長く演奏されている方にもさまざまなタイプのディジュリドゥがあるので、必ず合うタイプのディジュリドゥがあると思います。


-メディア-

2013年

9月

読売新聞滋賀県版【キラキラすぽっと】のコーナー

11月

「おうみ発610」(NHK総合 滋賀県域放送)おうみ探検隊のコーナー

「ぐるっと関西おひるまえ」(NHK総合 関西2府4県で放送)

読売新聞滋賀県版【われら楽しみ人】コーナー

2014年

FM草津

2018年

FM草津